パート紹介(※2016年10月撮影。写真をクリックすると別画面で高解像度画像が開きます)
 
ソプラノ(13名)

いつも和やかな雰囲気ですが、実はメンバーの入れ替わりがあり、練習中はシェンヌの響きを守っていこうと必死で縋りついています。休憩中はおやつを貪って、練習再開に向けてエネルギーを蓄えています!体重だけでなく声量も増加させたい今日この頃…。

アルト(12名)
アルトパートは、大学生から、教師、看護師、事務職員、公務員、OL、エンジニアまで、10名を超える多様なメンバーで構成されていて、奈良はもちろん、大阪、京都、滋賀など、多方面から集まっています。
お互いの個性を尊重しながら、助け合って1つの音を作っています!

テノール(9名)
一言で表せば、「小心者」(笑)。
普段から練習中まで頭も低く、声にもその傾向が出ています。全員が揃わないと、良い音・正しい音が鳴らないことがしばしば…

ここ数年でメンバーも一新され、この小心者たちが良くも悪くもシェンヌの鍵を握ってます。

バス(11名)
バスは、混声合唱の中では他のパートを下で支える、非常に重要な?パートです。
少なくともメンバーはそう信じて(笑)、毎回の練習での指揮者の厳しい指導にも耐え 続け、練習場では後ろから暖かい声で女声を包んでおります。
現在11名のメンバー中6名が20代、そして30代がおらず、いきなり次が40代とかなり 歪な年齢構成ですが、その分平均年齢は若く元気なパートです!
間を埋める30代の方はもちろん、色々な年代の方大募集中です!